赤坂で有名モデルも絶賛している痛くない整体であなたの不調を改善します。

赤坂整体院


24時間ネット予約

只今の当院の状況について毎日更新中です!

効果のない施術は致しません!
慰安行為は、他院にお任せします!


当院は、リラクゼーション系マッサージではありません!
赤坂では、唯一、運動系(骨格・筋肉)を整える事の出来る、
効果を期待する方の為の整体院です!

 
catch.jpg

 

shiro4-s.jpg赤坂整体院の大庭史榔です。
私どものホームページへ、ようこそ、いらっしゃいました<(_ _)>

当地で開業させていただいて17年になります!
この辺りにも最近では、リラクゼーション系マッサージ・整体が増えてまいりましたが、基礎医学を踏まえ、運動系の原理原則に法り、運動系の歪みを整える施術を行う事の出来る整体院は、当院だけです!

運動系の真理は、ここにあります!
神と呼ばれた先達によって明らかになった運動系の真理とは、人が何人いても、何万人いても、何億人いても、例外のない人体の真理!

最高の技術も、ここにあります!
壮絶な基礎鍛錬を行うことによって完成された職人技は他所にはありません!

一度、刺激を受けていただければ、納得されると思います!
その都度、効果を実感していただきます!

効果を期待されるのでしたら、赤坂整体院です!
手技の真髄を御覧下さい!!







 
 
あなたの痛みや凝りなどの違和感を解消するのは、私どもです!

それは、医師も認める事実です!
 
何故なら、西洋医学では、器質的問題(手術の適応)にならない限り、体の関節や個々の椎骨(背骨を構成する一つ一つの骨)の変位については解らないからです。或いは、どういうわけか問題にしないのです。仮に分かっても効果の無い牽引などの理学療法しか術がないのです。
これは、当院に通院した医学博士(整形外科の某私立大学教授)も認めている事実です!

痛みに対しても、薬、注射などしか術がなく、その場、薬や注射で一時的に痛みが取れたとしても、文字通り、一時的です。
根本にある歪みを除去出来ない限りは、治ることはありません。

私どもは、医療を否定しているのではありません。分野が違うのです。
運動系の歪みは、医療の領域ではなく、私どもの領域なのです。

運動系の歪みは当院におまかせ下さい!

 
私ども、姿勢保健均整師は骨格・筋肉を整える事の出来る専門家です!

私どもの手技について
私どもの手技は、姿勢保健均整術と申します。
最近、様々な民間療法(整体・カイロプラクティック)などが増えてきて、
「歪み矯正」とか、「姿勢矯正」などと言っておりますが、歪みに対して体系化された理論があり、患者さんの痛みや凝り等々の不調を改善出来るのは、私どもの姿勢保健均整術だけです!
不調の大本である歪みに対するアプローチが正しくなければ、効果がないか、その場限りになります。場合によっては、危険ですらあります。
運動系に対する原理原則に法ったアプローチは、急拵えの整体師には無理です。

当院の手技について、簡単に御説明しますと、姿勢つまり、運動系(骨格・筋肉)を整えると不快な症状はなくなるという理論です。
d6-T.jpg痛みや、凝りと言った不快な症状の原因は、歪みなのです。
1つ例を挙げて御説明させていただきますと、第6胸椎(写真で指差しているのが第6胸椎です)が右に変位して、右側に痛みが出ますと、そこは消化器を抑制する神経が出ておりますので、食欲がなくなります。
第6胸椎は肩の上がり下がりにも関係していて、右に変位しますと右肩が下がります。
これに対して、整骨的にボキッと整えてもいいですし、右側の筋肉を緩めて右肩を上げる操作を行っても、腹部操作をして内臓(消化器)の機能を旺盛にしても、食欲が湧き、右肩が上がります。もちろん第6胸椎も整います。その時々に、患者さんの状態に応じて、整骨的に調整するか、筋肉操縦法を行うか、内臓賦活法を行うか判断し、操作します。
このように、運動系の歪みが内臓に影響を及ぼす場合を「体壁内臓反射」と言い、逆に内臓の異常が姿勢に影響を及ぼす場合を「内臓体壁反射」と言います。
 

運動系は連動しております。
また、歪みは連動していくために、この第6胸椎の例でしたら、肩だけでなく、その上下にも連動していきます。第6胸椎より上(頭の方向)には、第2胸椎→第5頸椎→第1頸椎右目が小さくなったり、右側頭骨が下がったりしてまいります。下(足の方向)には、第10胸椎→第2腰椎→右骨盤が開いて下がる→右足首が太くなる。というように運動系の歪みは全体に連動して波及していきます。

この歪みから、腰痛、肩凝りなどでおみえになる方も多くいらっしゃいます。
私どもでは、こういった運動系が連動するメカニズムをふまえて、施術しますので、根本から、健康になっていただけると確信しております。
ちょっと、理屈っぽくなってしまいましたが、痛みや凝りといった不調の原因は、歪みであり、すべての不調を歪みに置き換えて診て、整えてまいります。
 

適応について

適応症ページを御覧下さいませ。
カイロプラクティックや整体の適応になるものは当院の適応となります。
痛みや凝り、痺れなど不快な症状に対する健康開発、痩身(ダイエット)、O脚、小顔矯正などプロポーションに関するお悩みにお応えする美容整体について、適応症ページにて御説明しております。
「藁をも掴む思い」にも、お応えしたいと思います。
「まさか!」と思われるような治験も御座います。
ご不明な点は、何なりと、お気軽にお問合せ下さいませ。

24時間ネット予約


当院のこだわり その1

ritsui-kansatsu.jpg
的確に歪みを診て、様々な手技を用いて、最善の施術を行います。
「当たり前のこと」と思われるかも知れませんが、実は、当たり前の事ではないのです。
以前、学生に手技を指導していた経験から言わせてもらいますと、そうそう容易な事ではないのです。
背骨のある一つの骨を診て、左に捻れている骨を「右に捻れている」という。
この程度の事はいくらでもあるのです。
また、患者さんから得られている情報量も異なります。診えているものの量が違うのです。
施術効果が異なるのも、当然とい言えますね。
一つ一つの背骨を診て、的確な施術を致します。
プロの技術をお望みならば、お任せ下さい!
当院がお応えします!


 

当院のこだわり その2

nenten-s.jpg
「ポキッボキッしません」という整体が、最近増えているようですねぇ?

これは、正確ではありません。
正確には、「ポキッボキッ出来ません」というのが適当でしょう?
※「ポキッボキッ」は正確には「アジャストメント」といいます。

実は、十数年前、当時の厚生省が手技療法を教える学校に対して「アジャストメントを教えてはいけない」という指導を出したのです。
以後、アジャストメントをする事の出来る施術所が減りはじめたのです。
アジャストメントは、骨格の矯正以外にも施術効果をより長く持続させたり、歪まないように締めるという効果も御座います。
当院の手技が、アジャストメントを主にしているという事ではありません。筋肉操縦法、内臓部活法、経絡反射法等々、の操作によって整えてまいります。

私共では、運動系の原理・原則に法り、関節が動く方向に、無理なく、痛くなく整えます。
中には、矯正音が怖いという方がいらっしゃるかも知れませんが、施術の方法は無数にありますので、お気軽にお申し出下さいませ。

 

こういった、お悩みをお持ちではありませんか?
  • 慢性的な肩凝りで悩んでいる
  • 何処へ行っても解決しない腰の痛みで悩んでいる
  • 食欲がないなど、慢性的な胃腸などの不調で悩んでいる
  • 生理痛や生理不順がひどい
  • 生理前に食欲が異常に増したり、便秘になる
  • 足先が冷える
  • 足が浮腫み、下半身が太い
  • 脚のラインが気になる
  • 太っていて、努力しても痩せない
  • お尻が下がっている。お尻の横幅が広い
  • 姿勢が悪いと言われる
  • 猫背である
  • EDである
一例ですが、私共の適応ですので、
運動系の専門家である私ども当院に、お任せ下さい!
その都度、効果を御覧に入れます!


 

当院は、赤坂通りとみすじ通りの交差点にあります!

赤坂駅より徒歩1分、溜池山王駅より徒歩5分、赤坂見附駅より徒歩7分です。
赤坂駅から山王下へ向かい徒歩1分です。
右手に富谷薬局があります。そのビルの4階に当院はあります。



shiro3s.jpg
32年間、のべ6万人以上の方の施術に当たらせていただき
運動系(骨格・筋肉)と向かい合ってまいりました!
真理ともいえる理論と、最高の技術を体感していただけるものと、確信しております!

最高の技術に、真心を込めて施術に当たらせていただきます!

赤坂整体院 院長
姿勢保健均整師   大庭 史榔

24時間ネット予約



 

赤坂整体院新着記事一覧

2017年12月14日
飲み過ぎた時に
2017年05月09日
最近、ぎっくり腰の方が多くおみえになっております!
2017年03月11日
千代田線赤坂駅より当院へ
2016年10月25日
出産後の骨盤調整について
2016年02月29日
O脚矯正

赤坂整体院のご案内

住      所:

〒107-0052
東京都港区赤坂2-13-23トミヤビル4F

アクセス:

千代田線赤坂駅 徒歩1分

お問い合わせ・ご予約
03-3586-7054
受付時間:
【月~金】 12:30~23:30 
【土  】 11:00~21:00
休診日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ